使い勝手の良いウォーターサーバーのボトルのタイプは?

ウォーターサーバーのボトルの種類とメリット

ウォーターサーバーの水をキープしておくにはプラスチック製のボトルが必要です。ウォーターサーバーには主に2つの種類があります。ペットボトルのように潰すことができ、破棄できるワンウェイボトルと、使った容器を業者に返却して再利用するリターナブルボトルです。ワンウェイボトルは、ボトルを保管しておく必要がなく、いつでも新しいボトルを使えるというメリットがあります。ボトルは新しいため清潔です。リターナブルボトルは、ゴミとして廃棄することがないのでエコで、破棄する手間もかかりません。ワンウェイボトルに比べて費用面でも安いというメリットもあります。価格重視でゴミを出したくない人はリターナブルボトル、新しいボトルで手軽に捨てたい人はワンウェイタイプが最適です。

ウォーターサーバーのボトル選びで気になるデメリット

ワンウェイタイプのボトルは、使うたびに新しいボトルで破棄が簡単ですが、届く時にはダンボールに入って届きます。ダンボールのゴミが出て、ボトルも自治体の指示通りに捨てなければなりません。価格が高く、ゴミが出るので手間がかかって面倒という人もいます。リターナブルタイプのボトルは、容器を業者が回収するので、回収までボトルを保管しておかなければなりません。自宅に保管スペースがないと不便でしょう。回収されたボトルは、洗浄、殺菌をされ、また新しい水が補充されます。衛生面ではしっかりとした基準をクリアしているものの、誰か別の人が使ったボトルで気になるという人には向いていません。ペットボトルのように毎回新品というわけではないため、注意して選びましょう。